筋トレのせいか、子供を抱っこしてる時に痛めたのか、ここ最近ずっと右肘が痛く、手のひらや指を動かした際にも痛みを感じる事があったので昨日病院へ行ってきました。

予め病院の評判を調べてみると評判はいいものの、「半日潰す覚悟で」とか書かれるほど混んでるっぽい・・・。
しかし放置しておく訳にもいかないレベルで痛かったので、仕事をちょっと抜けて病院へ。
受付開始時間前から長蛇の列、やっと受付済ませてなんとか待合室で席を確保して一安心。
しばらく待ってると急に病院内の照明が消え、周囲がざわざわ・・・。
なんとこのタイミングでの停電でした。

原因は埼玉県新座市の東京電力施設での火災だとのこと。
東京都内の約 58 万戸に影響が出たという大規模停電、とのことなのでどうしようもないし仕方ない事なんですがそれにしても何で今日起こるかなぁ。

停電で診察が中断したせいもあり、結局待ち時間と診療時間合わせると2時間半くらいかかってしまいました。

おまけに帰ってからはつけっぱなしだった自宅サーバやデスクトップの起動しなおしと動作確認。
取り敢えずハードウェアもソフトウェアも壊れてはいなかったのは不幸中の幸い。
停電なんて近年滅多にないからたまに起きるといろいろ予定が狂って軽くパニックですね。

肘の方は骨には異常ないとのことでしたが、できれば指もあまり動かさないほうが良い、とのことでした。
しかし仕事はプログラマなのでそういう訳にも行かず・・・。
早く治るといいなー。

二年ぶり?くらいに前の前の職場の後輩と飲みに行ってきた。

暫くおやすみしていてまた働くようになってからちょうど一ヶ月なので、お祝いとお疲れさまを兼ねて。
LINEとかでやりとりしてた感じでは結構ダメージ受けてるようだったけど、実際に会って話した感じでは思ってたより元気そうだったので少し安心。

まぁでもそれも、『頼りにならない先輩の前で弱いところみせてもなぁ・・・』みたいに向こうが思っての空元気だったとしたら泣ける。
実際ストレートに頼られたとしても、俺にしてやれる事なんてほんと限られてはいるんだけれども。

もういい歳と言われる歳になってんのに、相変わらず身近な人が困っていても大した事はしてやれない程度の力しかない自分がいて、それはホントに不甲斐なくて嫌になる。
別に期待されてないんだろうな、とも思うがそれはそれで情けない。

そんな大した力じゃなくていいから、もう少し、自分の身の回りの人だけでも困った時に助けてあげられる程度の力は持っていたいような気がする。
でも考えてみると具体的にそれがどんな力なのかはよくわからないな・・・。
まぁケースバイケースなんだろうけど。
現代社会だとやっぱりお金かしら?
だとすると残念ながらやはり俺には駄目っぽい。

取り敢えずまぁ、金はあんまないけど話聞くくらいなら今の俺でもできるかな。
身の回りの人限定だけど、しんどかったらいつでもどうぞ。

そんな風に頼られたい欲求が割りとある今日この頃、これは余力が出てきている証拠かな?
なんて、思ったりしてる。
さて酔いも醒めてきたし風呂入って寝よう。

結婚して子供できて転職して、とやっているうちに、最近では余力というものが全然無くなってしまった感じがする。
自由時間に何かをやる力、的な意味での「余力」ね・・・。

興味ある技術は相変わらずいっぱいあって、技術書もそれなりに買ってるんだけど、実際に読んで試してみたり、学んだ事をブログなり Qiita なりでアウトプットする事は独身時代に比べて確実に減った。

前職の時はまだなんか作ったり投稿したりしてたから、子供が大きくなってきて時間取られるようになってきたのと、転職して新しい環境・技術についてくのでひぃひぃ言ってるのが直近の大きな原因だろうなー。

その分奥さんと子供との時間は十分取れているので、優先度の問題といえばそうなのだけれども。

でもまぁ技術者としては焦り感じるよなぁ・・・。
ほんと、こんなんでいいのだろうか。
世間の IT エンジニアが意識高い記事ばっか投稿してるのを横目に見ると、どんどん置いてかれてるような気持ちになって焦るばかり。

そのくせ、奥さんと子供が実家帰ってたりしてちょっと時間できた時は勉強するでもなくゴロゴロ、ゴロゴロ・・・。
どうしようもない。

これもまた煩悩・・・精進しないとなぁ。